事例を参考にチャレンジする水道のトラブル

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅の水回りは、漏れや詰まりなどのトラブルが起こりやすい部分です。新築時には快適に使えた水道も、蛇口からポタポタと垂れる、止水栓付近から漏れたり、給水管のつなぎ目からの水漏れが起こる事もあります。詰まりの場合は、異物が流れを堰き止めてしまう、流れが悪くなり起きるもので、水漏れの場合はパッキンが劣化するなどで起きるケースが多いのが特徴です。
修理業者にお願いすると、すぐに駆けつけてくれるなどの安心感を持つ業者も多くなっていますが、事例を参考にして自分で修理を行う事も出来ます。仮にパッキンを交換すれば水漏れが止まる場合には、ゴムパッキン代の数十円の費用で直す事が出来ますが、修理業者に依頼をすれば、パッキン1つを交換するのにも数千円もの費用が掛かる事になります。

どこに原因があるのかを調べてみましょう

水道の蛇口から漏れている、蛇口と給水管の付け根部分から水が漏れている場合、そのままにしておいても僅かな量なので放置してしまう人も多いかと思われますが、少量の漏れでもそのまま続けば無駄遣いにも繋がりますし、流れた水は無料ではありませんので費用にも多くの負担を掛けてしまう事になります。
トラブルが起きた時には、事例を参考にして、原因を究明するのがお勧めです。例えば、止水栓から漏れている場合は、止水栓内部に使用してあるゴムパッキンやコマなどの部品が劣化する事で隙間から漏れて来ます。応急処置の方法やパッキンなどの部品交換の方法などをネットの中で見つければ自分で修理対応を行う事も出来ますし、自分で修理を行えば部品代だけで済むなどのメリットもありお勧めです。

修理時には止水栓や元栓を閉じてから行いましょう

蛇口から水が漏れている時には、ハンドル内部に使用しているゴムパッキンの劣化、スピンドルやコマなどの部品劣化が原因になっているケースが多くあります。水道のトラブル事例の中には、これらの部品交換の仕方や注意点などが掲載してあるので自分で行う時にはチェックしておくと良いでしょう。
給水管内部はとても高い水圧で水が送り込まれているので、そのままの状態で分解を始めると、水は勢い良く飛び出してしまい、室内は水浸しの状態になります。注意点の中には分解前に行う事として、止水栓や元栓を閉じる事が記されています。止水栓は各設備毎に取り付けてある水栓、元栓は住居内全ての水を止めるための栓で、いずれかを閉じてから分解を行う、部品交換後は再び栓を開けるようにしましょう。