水道トラブルが起きた際の対処方法

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蛇口を閉めても水が止まらない、配管から漏れているなどのトラブルが起きた際には、なるべく早く対処を行う必要があります。水漏れ等の問題を放置していると、こぼれた水が床や壁材などに染み込んでカビの発生を招く可能性があります。
水がとめどなく流れる、噴き出しているという場合、問題箇所を探すよりもまず先に、元栓を閉めて流れを止めましょう。水漏れをそのままにして被害が広がってしまうと、修復にかかる費用や手間が増大してしまいます。シンク下にある止水栓、あるいは元栓を閉めれば給水そのものを停止することが可能です。ただし元栓を閉めた状態ですと浴室や洗面所、トイレ等も使用できなくなってしまいますので、なるべく早く問題箇所を特定して対策を行う必要があるでしょう。

蛇口の水漏れを自分で修復する方法

蛇口からポタポタとしずくが垂れているという場合、パッキンの交換によって対策できるケースが多くあります。パッキンが劣化して柔軟性を失い、しっかりと蛇口を閉めることが出来なくなっているのです。パッキンはホームセンター等で安価に購入することができ、交換もそれほど難しくありません。マイナスドライバーやスパナなどの道具が手元にない場合には、そちらも合わせてホームセンター等で入手しておきましょう。
パッキンの交換を行なう際にも、まずは水道の元栓を閉めて流れないようにしておく必要があります。蛇口の種類によっては一般的な工具で修復出来ない場合もあるため、注意が必要です。自身での修繕が難しいと感じた場合には、無理をせず専門の業者に依頼をした方が良いでしょう。

業者に修繕を依頼する際のチェックポイント

自身では修繕できないトラブルが発生したら、水道トラブルを専門としている業者に依頼をしなければなりません。業者を選ぶ際のポイントとして、スピーディーに対応をしてくれるのかどうか、ということが挙げられます。水道の元栓を閉めたままでは家の中で水が使えない状況となってしまうため、早く修繕を行わないと生活に不便が生じてしまうためです。広いエリアを対応してくれる業者であれば、ご自宅の近くにも店舗がある可能性が高く成ります。ですので、比較的すぐに対応をしてくれる場合が多くなっています。普段から自宅近くの業者をさがしておけば、いざという時に役立つでしょう。
賃貸物件に住んでいる場合、直接業者へ依頼を行なってしまうと修繕費用を自己負担しなければならなくなるため、注意が必要です。賃貸アパートやマンションの蛇口で問題が起きたら、元栓や止水栓を閉めた後管理会社や大家に連絡をしましょう。